社内SNS選びで迷ったら

チャット

機能や使いやすさも重視

会社内で使えるビジネス向けチャットツールは、いくつかの企業からサービスが提供されています。それぞれ機能や料金など違う点も多いので、入念に比較した上で自社に合ったチャットツールを選ぶようにしましょう。ビジネスシーンで使うツールだけに、セキュリティの高さは最も重視したい点です。保存したデータは完全に保護されているか、通信時に暗号化はされているかなどを比較していきます。データベースとして活用することも考えると、クラウド上でのデータの保全性も比較すべきポイントです。サーバーに障害があった時でもデータは守られるのか、十分な冗長性が確保されたサービスをできるだけ選択するようにします。社員に積極的に活用してもらうためには、チャットツールの使いやすさも比較しておかなくてはいけません。使いづらいユーザーインターフェースでは社員による利用率も落ち、導入した意味が薄れてしまうからです。各機能を開いた時の画面を見せてもらい、直感的に操作できるかどうかを比較します。迷いそうなツールは避け、ITに疎い人間でも容易に扱えるアプリが提供されているところを優先すると良いでしょう。最後に料金についても比較しておきます。料金は利用者1人あたりいくらという計算がされるサービスがほとんどです。そのため、あらかじめ社員のうち何人がそのチャットツールを利用するのか調べておきます。その上で最も安くなるところを選ぶようにします。他にも初期導入時にかかる費用や、年額プランによる割引なども考慮すると最もお得なサービスが見つかります。

RECOMMEND POST

女性

はんこリレーから脱却する

会社で多々発生する承認をもらう行為はワークフローシステムを使って電子決裁にしてしまいましょう。申請者も承認者も手間が省け、作業効率が上がります。まずは小さなフローから始めて順番に社内の電子決裁化を進めましょう。

チャット

社内SNS選びで迷ったら

各社から提供されている社内向けチャットツールは、使える機能やサービスの内容などによって細かな違いがあります。利用料金の安さを重視するのはもちろんですが、仕事で使える機能の豊富さや、セキュリティ面も比較しておきましょう。

Copyright© 2017 仕事をスムーズに進めるたいなら|プロジェクト管理を利用すべし All Rights Reserved.