作業を楽に行うコツ

男性

バーチャル口座を利用

多くの経理担当者にとって、消し込み作業というのは非常に手間のかかる仕事の一つだと考えられています。債権や債務の勘定科目残高を消していく作業のため、月末になれば消し込み作業に追われて仕事が終わらないという場合も多く、消し込み作業の負担を軽減させたいと感じている担当者がほとんどです。作業効率をあげるためには、バーチャル口座を導入することが不可欠です。そもそも、消し込み作業というのは途中で何度も確認が必要となってきてしまい、結果的にミスを招きやすい作業だといえます。ミスが生じてしまうと、売掛金が回収できないという事態を引き起こしかねないので、企業の信用にも関わってきます。バーチャル口座は、銀行が提供してくれる振込専用の口座番号のことです。銀行が提供してくれるので安心感がありますし、取引先ごとにバーチャル口座を割り当てることによって、入金データから取引先を特定することができるため、自動的に作業を行えるようになります。これによって、作業にかかる時間と労力を大幅に軽減することができ、ミスが起こりにくい状況になります。また、入金遅れや取引先のミスにも気付きやすく、対応が迅速になるため、企業としての信頼も厚くなります。取引先や取引の件数が多い会社にとっては、こうしたバーチャル口座を取り入れてミスやトラブルを未然に防ぐというのが重要です。会社として運営していくためには作業効率のアップというのはかかせない部分となるので、一度検討してみる価値があります。

RECOMMEND POST

女性

はんこリレーから脱却する

会社で多々発生する承認をもらう行為はワークフローシステムを使って電子決裁にしてしまいましょう。申請者も承認者も手間が省け、作業効率が上がります。まずは小さなフローから始めて順番に社内の電子決裁化を進めましょう。

チャット

社内SNS選びで迷ったら

各社から提供されている社内向けチャットツールは、使える機能やサービスの内容などによって細かな違いがあります。利用料金の安さを重視するのはもちろんですが、仕事で使える機能の豊富さや、セキュリティ面も比較しておきましょう。

Copyright© 2017 仕事をスムーズに進めるたいなら|プロジェクト管理を利用すべし All Rights Reserved.