知るべきこと

髄膜腫の多くが良性なのですが、脳の外にもできている場合があるのです。基本的に脳の表面にある軟膜も壊してどんどん出てくる腫瘍もあるのです。まり確率は高いものではありませんが、髄膜腫は脳内にどんどん広がっていくこともあるのです。男性よりも女性のほうができやすいと言われており、その原因は詳しくは確認されていませんが、遺伝やホルモンの影響などではないかと考えられているのです。また髄膜腫は様々な形があり、それぞれ呼び方が違うのです。髄膜腫ができることによって現れる症状は人によって違うこともありますが、それはできる場所が違うからだと考えられているのです。一般的には脳腫瘍ができることにより、頭痛や吐き気などを催すことがあります。それ以外にも神経が麻痺したり、痙攣を起こすこともあるのです。腫瘍ができているかどうかを確認するためには、CTやMRIなどの検査によりすぐにわかるのです。基本的にこのような検査は確実なものではないのですが、安全性はしっかり保証されています。
髄膜腫の手術は全部摘出することができ、完全に症状を克服できます。また場合によっては手術をするまでもなく治療することができるものもあります。基本的にこの腫瘍を取り除く方法として頭蓋骨を一時的に開け、そこから摘出するという方法があります。全て摘出できれば完璧に完治できるのですが、残っているものがあった場合には低確率で再発する恐れがあると言われているのです。