手術で

肛門科で専門医に手術をしてもらいます

痔の治療で、手術を行うということになった場合に、日帰り手術が可能という病院やクリニックが多くなってきました。何十年か前は痔の手術は2週間程度の入院が必要ということもあり、会社員などが手術を受けるには夏休みを計画的に使うか、手術のために休暇を取るしかありませんでした。 現在は、内痔核、外痔核、裂肛の手術は日帰りが可能です。ただし、手術は必ず専門医で受けます。一般開業の肛門科や病院の肛門科で、日帰り手術可能というところを探します。技術的にはむずかしいものではないので、必ずしも名医を探す必要はありません。きちんとした専門家であれば、日帰り手術は安心してうけて大丈夫です。 クリニックによっては土曜日と日曜日も手術を行っているところがあります。仕事が忙しい人でも休まずに手術を受けることができるようになりました。

日常生活に支障が出ることなく手術を受けることができます

肛門科での日帰り手術は一般的になってきました。街中の開業医でも入院施設が必要ではないので、積極的に行われています。肛門科に行くこと自体が恥ずかしいという人もいるので、肛門科に入院するということを恥ずかしく思う人もいます。そういう抵抗のある人にも、日帰り手術であれば、抵抗感も薄らぐと思われます。 日帰り手術は入院している暇がない人や、入院しても付添がいない人などに利用されています。また仕事を休まなくていいという大きな利点があります。 昔に比べ技術が進歩し、痛みもそれほど激しくありません。麻酔や痛みどめが効果的に効き、手術後は自宅で静養していれば、あまり問題は起こりません。平日だけではなく土曜日や日曜日も診療や手術を行っている肛門科があり、会社員だけではなく、小さい子のいる女性なども入院せずに手術を受けることができるようになりました。