違いについて

今までのがん治療との違いについて

今まで行われてきたがん治療には、手術による外科療法と、抗がん剤による化学療法、そして放射線療法があり、がんの三大療法とも呼ばれてきました。 これらの治療法は、現在まで一定の効果を上げていますが、副作用による肉体的および精神的ダメージが大きいことでも知られていたのです。 そして、最近話題になっているがん治療に免疫細胞療法があります。免疫細胞療法と、今までのがん治療の違いは、免疫細胞療法では副作用がほとんどないところにあります。その理由として、免疫細胞療法に用いる免疫細胞には、T細胞や樹状細胞、そして、NKT細胞やNK細胞などがありますが、いずれの細胞も本人のものを使いますから副作用が現れることがないのです。

NK細胞療法とは免疫細胞療法の一種です

NK細胞療法とは免疫細胞療法の一種ですが、他のT細胞療法や樹状細胞療法とは異なっています。 それでは、その違いについて説明します。まず、T細胞というのは、がん細胞に対して特異的に働く抗体を産生し、がん細胞を破壊します。また樹状細胞は、がん細胞が持つ抗原型をT細胞に伝えて、T細胞にそのがん細胞に特異的に働く抗体を産生させる役目を持っているのです。 その一方で、NK細胞療法で用いるNK細胞は、どのようながん細胞であっても直接攻撃をする性質を持っているのです。ですから、NK細胞療法は他の免疫細胞療法に比べ、素早い効果が得られると考えられているのです。 また、NK細胞療法と抗がん剤などの併用で、より一層の効果が期待できます。