治療する

腰部脊柱管狭窄症の治療は早期から開始することで医療費の節約に繋がります。

腰部脊柱管狭窄症とは腰椎の脊柱管が狭窄することにより、疼痛や痺れ、歩行障害、排尿障害などの様々な機能低下を引き起こすものをいいます。腰部脊柱管狭窄症は初期の段階であれば保存治療を行うことが多いですが、一定の期間が過ぎても症状の改善がみられないもの、症状の増悪がみられるものに対しては手術が適応されます。この疾患は早期治療が重要であり手術になれば高額の医療費を支払わなければなりません。よって、医療費を少しでも安く済ませるためには、症状が現れた早い段階で医師に診てもらう必要があります。早期の場合の治療では服薬や注射などの保存療法に加え、リハビリが処方される場合が多いようです。リハビリは手術に比べ医療費も安くこの段階であれば、かなり料金を節約できます。

治療には手術代だけではなくリハビリの料金も考えておく必要があります。

腰部脊柱管狭窄症の手術代は手術方法によっても異なりますが、役14〜20万円必要になります。もちろん高額医療費制度があるため、ある程度の料金は返ってきます。また、手術を行った際もリハビリが必要になり、追加でリハビリ料金を払うこともあります。リハビリ料金は疾患別で料金が異なります。腰部脊柱管狭窄症は運動器疾患にあたりますので、リハビリスタッフが充実している病院の運動療法では1800円の1〜3割がリハビリの料金となります。これは1回20分間のリハビリの料金であり時間が増えるにつれて増加していきます。それに加え診察料なども加算される為、注意が必要です。このように、腰部脊柱管狭窄症の治療にはある程度の期間が必要となり手術代や注射・服薬・リハビリの料金が必要になります。早期から治療することで医療費の節約に繋がると考えられます。